補聴器用乾燥ケースはお使いですか?

春の長雨と申しますが、

長い雨の日、補聴器用の乾燥ケースはお使いでしょうか?

 

補聴器の不具合の原因として、湿気や結露によるものがあげられます。

耳の中は汗をかきませんが、耳垢が湿っている方や汗をかいた手で補聴器を触ると

湿気は補聴器の中に入り、不調をきたす原因となるのです。

 

乾燥ケースをご使用でも、乾燥剤自体の効力が切れていると意味がありません。

補聴器用乾燥剤は、三か月から半年ほどで効力が切れます。

使用推奨期限や交換時期の目安は、ご使用の乾燥剤によって異なりますが、

もし判断がつかない場合にはケースごとお店にお持ちください。

店舗スタッフが対応させていただきます。

 

乾燥ケースを使用いただく注意点として、

電池は一緒に入れないこと!が重要になってきます。

 

補聴器用の空気電池は、乾燥に弱いという特性があります。

一緒に入れてしまうと、通常お使いの期間よりも短くなってしまいますので、

乾燥ケースには補聴器のみお入れいただき、電池はケース上部の磁石や

電池入れの中に保管をお願いします。

 

また、もっとしっかりと乾燥させたい!

除菌もできたら衛生的なのに・・・。

そんな方には、電動タイプの乾燥ケースをお勧めしております。

 

除菌も行えて衛生的にも安心な電動式。

 

ご興味がある方は、お近くの店舗スタッフにお問い合わせください。

2020年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930